日本統合医療系連合学会が設立されました。

統合医療とは?
当学会では次のように考えております。
「統合医療とは、近代西洋医学と伝統東洋医学とを統合した医療技術により総合的に治療する医療を言います。」
現代医学は近代西洋医学が主流で東洋医学は二次的な補完的または代替医療として見られている場合が多いと思います。
しかし、東洋医学は二次的または補完的ではなく、未病概念も存在し古くから健康管理についても積極的で、二次的、補完的とは言えない部分があります。しかし、両者には根本的な医療に対する考え方の相違があります。東洋医学も伝統的医学から発展させ最先端東洋医学へと研究を発展させていますので、両者の相違を克服して真理を探求し、新しいこれからの医療を体系付けて行くべきと考えます。それが統合医療であるべきと考えます。

統合とは併用ではありません!
最近は各医療機関で統合医療を掲げていますが、そのほとんどは統合医療ではなく「併用医療」が多いのです。補完、代替医療等を併用していても、患者を中心とした統合医療としての治療体系と各医療人の連携がなければ統合医療ではありません。

各医療人の職業差別の禁止!
患者を中心としたチーム医療により医師をリーダーとした各医療人の連携や統合医療体系がなければなりません。そこに医療人の身分差別もあってはなりません。職業差別があっては統合医療は成り立ちません。医師はリーダーではありますが地位が高いのではありません。医療人同士が身分的に対等でなければ真の統合医療は成り立ちません。患者を中心として医師のリーダーのもとで各医療人が密に連携しながら治療にあたります。従って、「補足する」「従属する」という意味のパラメディカルと言う概念や言語も無くならなければなりません。医師をリーダーとして各医療専門家同士が連携し全力で治療にあたる医療こそが統合医療です。