日本臨床総合医科学会医療面接部会

当会は、日本臨床総合医科学会医療面接部会と医療面接の共同研究をしています。

日本臨床総合医科学会医療面接部会Link


日本臨床総合医科学会 医療面接部会

・医療面接は、診断、治療する上の情報収集と患者とのコミュニケーションをとる上での大きな医療プロセスである。
しかし、大学医学部においては医療面接を必須科目としているところは少なく、学生も受講する重要性を認識していないのが実情である。どんなに検査手法が進化し、医療技術が進歩しても医療面接が有効に機能しなければ誤診へと繋がり患者との信頼関係は崩壊してしまう。患者が機械ではなく人間であるからである。医師は、日々の忙しさに診察も機械的になり患者の気持ち心を知る由もない。それでは誤診にまっしぐらである。

・医療面接の基本は、カウンセリング手法を応用できる。医療面接とカウンセリングは重なる部分が多いが全く同じ手法ではない。目的も一部を除いて異なる。医療面接は、医療面接そのものが治療行為ではなく治療行為を有効にし患者とのコミュニケーションを良好にし、誤診の無いようにすることの治療行為のための前手段である。勿論、前のみではなく治療中にも医療面接は行われるが特に事前の医療面接は重要である。これに対してカウンセリングは、治療のための手段ではなく治療行為として行われる場合が多いのである。しかし、両者は重なる部分も少なくないのでカウンセリング手法を医療面接の基本技法として応用することが必要であろう。
いずれにしても、これからの医療は医療面接なくして行えない、行ってはならない時代がそこまで来ている。


・医療面接が不十分なために、主訴の原因がわからず近代医療に見切りをつけて代替医療に移行してしまう患者も少なくありません。しかし。必ず原因はある筈です。それは原因不明の難病のこともあれば検査に出ない僅かな体の変化が体調に影響を与えていることも多々あります。

・医療面接と検査は、診療のための重要なツールです。医療面接が不完全な医療機関があり、検査を嫌がる患者もおります。しかし、医療は占いではありません。医療面接が行われ、正確な検査に基づく科学的データによる診察がされなければなりません。原因を究明することは患者本人のためのみではなく、これからの医療に大きな光明を与えます。医療面接と必要な検査こそ命を守る手段なのです。


部会事務局:〒94-0022東京都町田市森野2-15-12パレスヒルズ”2F 学会本部:⇐Link
Japanese Society of Comprehensive Medical Science
日本臨床総合医科学会 医療面接部会